2009年05月16日

さようなら

ずいぶん前に、
ある方に頂いたメールの中にこんなことが書いてあった。


「得るものもあれば、失うものもある。
何かを得ていれば、同時に何かを失っていく。
そのさじ加減が難しい。」


調子の良い時には、得ているものばかりが見えて、
調子の悪い時には、失っていくものばかりが見えてしまうけど。

本当は、得たものも、失ったものもたぶん同じ数。


得続けながら、失い続ける。
失い続けながら、何かを手にしている。
きっと。




昔だったら、
もっと若い頃だったら。

ポケットの中のコインが無くなるまで、
疲れ果てて歩けなくなるまで、
旅を続けただろうけど、
今は、
家の明かりが見えるうちに、
陽が落ちてしまう前に、

家に帰ろうかな・・・と思ってしまう。


だから、この旅もこれで終わり。


本当は悲しいけど、本当はさみしいけど。
だけど楽しかった旅の日々は、もう二度と帰らない。




ブログを閉鎖することにしました。


ブログをやっていて、
いろんな方と知り合えて、交流ができて


本当に楽しかった。


とても良い経験ができて嬉しかった。



みなさん、ありがとう。
心から感謝しています。

お付き合いありがとうございます。

またどこかでお会いできたら。
嬉しいな。

いろんな暖かい言葉をありがとう。

どうかお元気で。

posted by モグラン at 18:51| Comment(31) | TrackBack(0) | 思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

惜しまれる人

先日、会社のお客さんが亡くなった。

腰の低い物腰の柔らかないいおばさんで、
身体が悪く透析を受けていた。
話を聞くと、
ひとり暮らしで年金生活。

おばさんはひとりひっそり生きていたらしい。


おばさんは、街の中心にある病院へ透析を受けに来た折に、
集金に寄ってくれと言う。

それで病院の待合室だの、病院が終わった後に
おばさんがお茶を飲んでいる喫茶店だのに、
時折集金に行った。


おばさんは、世話をかけてすまないと
いつも私にチョコレートを買ってくれたり、
喫茶店にいれば、コーヒーを飲んでいってくれと、言ったりする。
(これは職務中なのでお断りしたが・・)

そのおばさんが先日亡くなったと聞いてショックだった。

会社でも、

「腰の低いいいおばさんだったのにね〜。」

「まだそんなお年じゃなかったのに、気の毒にね。」

と話していた。




良い人というのは、亡くなってからも惜しまれるものである。


家族、親戚、友人はもちろんだが、

こんな年に1回かそこらお会いするだけの
しかも集金で行くだけの人間に覚えておかれ、
死を惜しまれるなんて、やっぱりいいおばさんだったんだな〜と思う。



後世に名を残さずとも、
偉業を成し遂げなくとも、
莫大なお金を稼がなくとも、



おばさんのように


誰に対しても優しく、丁寧に接し、
笑顔を残したい。


おばさんのように、

いろんな人に
死を惜しまれるように

生きてみたい。
posted by モグラン at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

父来る

父来る。

実家の父がやってくる。


庭師をしている父は、時折こちらに仕事があるとやってきては、
墓参りをし、うちへやってくる。

婚家には義父がいるので、
遠慮してあがってご飯を食べていったりはしないので、
今回も挨拶には訪れるが、早々に退出し、連れて食事をしにいった。

それでも、無骨な父がケーキなどを手土産に、
義父に挨拶にくるところなんか、

「おとうちゃん、ありがとね〜(*^_^*)」

なんて、感じで・・・

親のありがたみを感じたりするひとときである。

ということで、


白鳥の某和食レストランへ・・・・・


白鳥へ抜ける街道には、

今が満開の桜や、桃やボケの花などが咲き、
ピンクや赤で色とりどりでとても綺麗。

田舎道を走る車窓から父が顔を出し、

「綺麗やな〜。この辺も道がようなったな。」

と喜ぶ。

ココ最近はあまり連れて出歩くこともないので、
たまには親をこうやって連れて出ないといかんなあと思う。


レストランでゆっくり食事をし、
いろんな話をする。

実家へいったおりに、一緒に食事をすることもあるが、
たまには外でこういったよそゆきの雰囲気で食事をするのもいいね。


父も気を使ってか、あれこれと話をし、私も話をする。


年老いた父親を見て、時々思うのは、
ひとり暮らしの父が心しているのは、
嫁いだ私にあまり心配をかけないようにと、気遣っていることである。

父が以前話したことは、
子供にあまり心配をかけないこと。
自分で自分のことはすること。

それが子供に対する孝行であるということである。

確かに、
ひとり暮らしとはいえ、ちゃんと生活してくれているので、
安心して私もこちらで生活できるし、
ホントありがたいな〜といつも思っている。


だけど、
こうやってやってきて、
帰り際、
ひとりポツンと車に乗り込む父の後姿を見て、
ああ、ひとりにしておいて可愛そうだなと思ってしまう。

だけど、
ひとりでちゃんと生活できているということが、
父の自負であり、プライドであるということが
私にも父にもわかっているのである。
posted by モグラン at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

一緒に過ごす時間

ちょっと前のことなんだけど・・・



なんと!このブログにもちょくちょく来てくれてるマスオお兄さんとデート?しっちゃったよ〜ん。


ご兄弟の結婚式があり、急きょ帰国されたマスオさんと初めてお会いしました。


彼の実家と私の家の中間ということで、お会いしたのは


うなぎで有名な・・・・



浜松!!!


どっちかって〜と、マスオさんちからの方が遠かったので申し訳ないな〜と思いつつ、
モグラン喜び勇んで出かけます。


初めてお会いしたおにいさんは、
柔らかな物腰のわりには、がしっとした体型のなかなかのナイスガイ。
しかも8頭身の玉木宏似の超イケメン(と、書けと本人におどされているモグラン。ははは。)



お昼前に浜松駅でお会いし、

「何食べる?何食べる?」
とうろうろしたのですが、

やっぱうなぎかしらん〜ということで、
同僚のKちゃんお勧めの「八百徳」へ行くことに。




ここは「お茶漬けうなぎ」が有名らしいので、それをオーダー。
名古屋圏では「ひつまぶし」と言われるもので、
1杯目は普通に食べ、2杯目は薬味を乗せ、3杯目はお茶漬けにして食べるのが王道。

ここいらのうなぎは、蒸してから焼き、そして又蒸すらしいので、皮までふわふわ。


おいし〜。やっぱ浜松来たからにはうなぎだっぺよ。

(*^_^*)

ということでお腹も満足したふたりは、お天気も良いので浜名湖へ。


植物や花の好きなおにいさんにフラワーパークはどうかと思いお誘いする。

ワスも元・花屋。
花は大好きだし、自然の中を花や植物を眺めながらお散歩するのが大好き。
おにいさんもお散歩は好きだとのことで、フラワーパーク内を約2時間もうろうろ。

DSCN3017.JPG


お散歩しながら、花を見、木や植物を見、いろんなお話をして楽しかった〜。

DSCN3015.JPG


DSCN3022.JPG



お互いのパートナーのことや、家族のこと、趣味の話やいろいろ。

しかしこういうご縁もホント不思議なものだな〜。
でもやっぱり縁があるからお会いできるのだし、こういった時間ってホント宝物だよね。


DSCN3021.JPG

いつも思うのはそう。そういうこと。
こうやってお会いできるのは決して偶然じゃない。
必然であるし、そして縁があるからということ。
だから、人は大事にしたい。お友だちは大事にしたい。
いつもそう思っている。
こういった楽しい時間を共有してくれる相手に、その時間を与えてくれた神様に感謝する。



その後、ロープウェイに乗り、山頂から浜名湖を眺める。


DSCN3017.JPG

楽しい一日もあっという間に終わり・・・


帰り際に、おにいさんにお土産のチョコレートを頂く。
ええっ。ワスに・・・こんな素敵なお土産まで〜
もうこの辺でモグランはちょっとうるっ・・・ってきたんだけど、
がんばって笑顔でお別れ。
だって、また会えるもんね。
また会おうねって、約束したもんね。

DSCN3029.JPG

・・・・・・・・・・


イメージどおりの彼だったんですけど、
私がびっくりしたのは、ホントにすごい豪快に笑う人で、
あんなに気持ちよく豪快に笑い声を上げる人って初めてでした!!!!!
明るくて、腹に何もないあけすけな人柄の良さを感じさせる好青年でした。


ああやって、腹の底から思い切り笑ってもらえると、
楽しんでくれているんだな〜ってわかるし、そうするとこちらもすごく楽しくなる。
そしてすごくすごく嬉しくなる!

もっとお互い笑って過ごせれるよう楽しい話をしようとか、
楽しいことをしようとか思えるから、
お互いの関係を良くするためにはとてもいいこと。

ああやって笑える人って、ホント素敵です。

夢みたいな楽しい一日でした。
ホント感謝、感謝です。ありがとう。




posted by モグラン at 20:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

知らぬ間に桜がほぼ満開になっていた

いつもの散歩道
川沿いの桜を眺めて歩く


その薄桃色のはかなげな花びらに
そっと触れるとき

それは好きな人の頬に
遠慮がちに手を伸ばした時の
ときめきにも似て


DSCN3111.JPG


指先がくすぐったいような
心が震えるような

風に乗り揺れる
その薄い花びらの動きにも似た
恋する気持ち

不確かで
抱きしめないと消えてしまいそうで

だけど
抱きしめると壊れてしまいそうで
恐くなる


DSCN3106.JPG


この気持ちを
いつまでも抱いていたい
いつも恋をしていたい

いつも
こんな気持ちに
胸を躍らせていたい
posted by モグラン at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

温泉&謙信公を訪ねて3

またまた続きです。


が、焦ったのもつかの間・・アセアセ(^^ゞ・・


妙高高原のあたりを過ぎたら吹雪も収まり
やれやれひと安心。


な〜んだこの辺だけかぁ。わはは。


だけど上越市に入ったらやっぱりあちこちに残雪?が。


おお、さすが北国。



くまおの目的地春日山を真っ先に目指しましたよ。


思ったよりこじんまり・・

謙信公の銅像があり、春日神社があり、お土産やさんがあり。


直江津の方が賑やかなのかな?

でも、まあいいや。



まず、腹ごしらえ。

近くの茶屋で頼んだのは、



謙信力そば!

DSCN3083.JPG


もちとチャーシューが入ってます。

おお、スタミナがつきそうですな。

くまおが食べた謙信ラーメンは、これのラーメン版。

中身の具は全く一緒です。はは・・・


DSCN3091.JPG

ちらつく雪の中、天地人の旗もたってましたよ〜。

DSCN3082.JPG

はるか彼方に直江津の海が・・
あんまりこの写真じゃわかりませんよね。


ああ、憧れの謙信公!!


銅像と一緒にパチリとしたかったのですが、
小高いところにおわしますので、一緒に撮れません・・・


DSCN3093.JPG


最後は、近くにある
春日山城跡ものがたり館に行き、帰路へ。

DSCN3094.JPG


いや〜帰りも遠かった。
北陸道を砺波方面へ、途中東海北陸道を経て帰ってきました。


あ、いかん、新潟名物「草団子」を買い忘れたぞよ。


と、思っていたら後日、何と同じ日に新潟へ旅行に行っていた
くまおの妹から「草団子」を頂きました。

ラッキー(*^_^*)

く 「そういうオチなの?」

モ 「そう、そういうオチなの。わはは。」



****終わり****

posted by モグラン at 19:27| Comment(2) | TrackBack(0) | くまおとの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

温泉&謙信公をたずねて 2

前回の続きです。

お宿で温泉をたんのうしました。

残念ながら、モグランのヌード写真は載せませんが
(というか見たくもない・・・だったりして(^^ゞ)

合計お風呂を5回堪能しました。

まず、部屋の露天風呂に入って、夕ご飯前に大浴場へ。

そして夕飯後にもう一度大浴場へ。
(この時、べろんべろんに飲んだくまおは部屋ですでにダウン。)



朝も、しっかりお風呂だもんね。
あまりの寒さに、部屋の外風呂(露天)には入れず、
内風呂に入って温まった後、部屋の露天へ。


いや〜朝の露天はサイコー!

・・・・くまおちゃんと一緒に入りました。
きゃ〜っ黒ハート 黒ハート 黒ハート



で、その時くまおちゃんが突然、

「今日・・・新潟行きたいんだけど。。」


「えっ!」


昼神温泉でゆっくりのんびりして、12時のチェックアウトまで
お風呂三昧しようと思っていたワスは、


・・・(-_-)


でも、くまおが新潟へこのあいだから行きたがっていたのを知っていたので、

「うん、いいよ。」


が、遠いだろ〜???



中央道を走り、松本方面へ。
そして、上信越自動車道を上越高田ICまで走り、上越市へ。

昼神温泉から3時間半かかりました。



して、
良い天気。

DSCN3065.JPG

青い空〜、はるか彼方に中央アルプス?

DSCN3064.JPG


駒ヶ岳が綺麗に見える。

DSCN3067.JPG


駒ヶ根SA。
長野名物おやきを食す。


駒ヶ根SA.JPG



いつのまにやら助手席ですやすや〜なワス。


ふと目が覚めると・・・・



妙高高原.JPG

はひ??


DSCN3074.JPG


え・・・・雪?? (@_@。


おお〜い、ノーマルタイヤだよ〜ん。

雪かよっ!!

チェーン規制かかってたら高速降りなきゃいけないじゃん。


くまおに、ここどこ?

って聞くと。


この雪景色は新潟 妙高高原。

はひ〜んっ!



長野は青空だったぞよ。
何で??


どうすべよ〜(@_@。


*****またまた 続く****
posted by モグラン at 18:13| Comment(2) | TrackBack(0) | くまおとの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

温泉&謙信公を訪ねて

ふふふ〜ふ〜ん♪


ひさしぶりに旅行だもんね〜。


ということで、くまおちゃんと行って来ました。

まず旅の目的は・・・

温泉黒ハート


長野県阿智郡の「昼神温泉」へ。


お昼には現地へついた2人は、昼ごはんを兼ねて
「南信州ケフィアランド」というところは行きました。


ここは、食べ物やさんやお土産やさん、
あとは、陶芸や紙すきなどいろんな体験ができる複合施設。
信州の山々も眺めることができ、とても綺麗なところ。
温泉もあるのだぞ。

DSCN3034.JPG

お馬さんもお出迎え????

DSCN3035.JPG



おなかがグー、グーなっている2人は、まずご飯。


このあたりの名物「ソースカツ丼」を食べましたよ。

DSCN3038.JPG

ご飯の上にキャベツの千切りが乗っていて、その上に
ソースがからめられたカツがど〜んと乗っているのだよ。
わはは・・・
甘口ソース味のカツがなんともおいしい♪

一度食べてみたかったモグラン、大満足♪


温泉の入り口

DSCN3044.JPG

上から見ると庭園風になっている。
が、これは池です。
温泉ではありません。

DSCN3046.JPG


信州の山々が美しい。


DSCN3052.JPG

泊まったのは、「湯ったりの里 伊那華」


なんと、モグラン夫婦。
一生に一度の大贅沢!!!


お部屋に露天風呂がついた部屋を予約しちゃいました。


これがお部屋についた露天風呂。

DSCN3057.JPG

このお風呂から、昼神温泉街を眺めることができます。


DSCN3058.JPG

川沿いには桜が植えられていて、咲いていたらほんとに綺麗だったんだけど、
この日の昼神温泉は冬並みの寒さ。

このベランダに設置されている露天風呂。

寒いんです。

寒いけど、頑張って入っちゃいました♪

ここのお湯は、入っているときはそうでもないんですが、
出るとほこほこと体がすっごい暖まるっ。
お湯もすべすべで嬉しい限りです。


山間にひっそり佇む温泉街。
湯治場の雰囲気が残るいいところです。
華やかなネオンも歓楽街もない、
ほんとお湯につかりに来るだけといった感じの
素朴で暖かい雰囲気が残るモグランお勧めの温泉地です。




****続く
posted by モグラン at 11:52| Comment(3) | TrackBack(0) | くまおとの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

自分のことより

わはは・・・

あれ?

更新しないままこんなに月日が経ってしまいました。


えっと、

今日はモグランの誕生日!!!!

くまお、ディナーにでも連れて行ってくれるのかと思いきや、

・・仕事してます(涙)



今も仕事中です(夜7:00)

しかも、このあとくまお、飲み会へ出かけます。

ふ、ふん。いいもんね。





他の殿方・・・じゃないや、義妹からお花ももらったし〜、

いろんな方からお祝いメールももらったし〜。


フンフンフ〜ん♪


誕生日を覚えてもらってるって、嬉しいね!!!




友人の一人が今、闘病中なんです。
彼女が、私にお菓子を送ってくれました。
自分が大変な時に、人を気遣えるってなんて素敵な事なんでしょう。


彼女からメールをもらって、
おもわず、うるうるっ・・・・って来ましたよ。


かなり病状は重いみたいです。
こないだ一時退院をして来たので、ランチ行こうね!って楽しみにしてたのね。
でも、又入院。
結局、会えずじまい。


そんな彼女が、
「モグランさんにいつも良くしてもらってるから・・」って。
そんな気遣い、いいよ。
自分の事だけ考えなって言ったんだけど。




自分が苦しい時、つらい時。
人のことまで気が回らないよね。
だけど、そんな時でも人のことを思える人を尊敬します。
そんな人はきっと神様も可愛く思っていると思います。

そんな神様に愛されてる彼女だから、きっと元気になってくれるって信じてます。
posted by モグラン at 19:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

愛おしむ

違う道を歩いている。
違う状況の中を生活している。
出会う人、出会うこと、それぞれ。


ある日、交差する道。
過ごした時間。
楽しく、有意義で嬉しい時間。


その時間、
その時に集中する。

その時間を楽しむ。



ある人の言葉。
いっぱいのお茶を飲もうとする。
ふと、そのことから心が離れている。
すると、お茶を飲もうとした時、
もうすでに自分の手の中のお茶はなくなっている。



私たちの手の中からすり抜けていくのは、
いっぱいのお茶を楽しむ時間。



その過ごした時間に、意識を残しても、
一緒に過ごした人に意識を残さない。

残さないようにしている。

その時、その時が充実していればいい。
いとおしむのはその時間。

その人に心を残さない。

残さないようにしている。


・・・・

あとで、自分が辛いから。


さて、そろそろ進もう。
一歩だけ前へ。


大好きな浜田省吾の歌の歌詞にある
こんなひとフレーズ。

人は去り、人は来る。
でも、気づけば道しるべのない道にひとり。
posted by モグラン at 13:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。