2009年01月29日

自分ってどんなやつだろう?

自分の弱さを突きつけられることってあるよね。
きっかけはある。
ただはっきりした形じゃないけど。

そんな時、自分の事を考える。
自分ってどんなやつだろう?
人から見た自分は、

「人当たりが良い、親切、友好的、上手に自分の言葉を操る。」
「人前で話をすることが緊張せずできる。」

でも、それは後天的に作られた性格だ。
潜在意識の下に押し込めた本当の先天的な性格はそうではない。
自分が世の中に適応するため、押し込めた方が、本当の自分の姿だ。
くまおはその先天的な性格の自分と対話する事が本当の幸せへの近道だと話した。
それは何となく今ならわかる。
本当の自分と対峙する。
それは恐い事だし、本当はしたくないことかもしれない。
でも、本当はそうすることが自分の一番ためになる事なんだろうなと思う。
お前は人前で話をすることが苦ではない、でもそれは自分を作っているからだって、くまおは言う。

確かに緊張しない人間で、人前でのスピーチも、全くの初対面の集まりでも、
緊張する事もなく、誰とでもしゃべれるし、人前に出ることも苦にはならない。
でも、それは本当の自分じゃないのかな?


物心付く前からの先天的な自分はひどく引っ込み思案で、恥ずかしがり屋で、
自分ひとりでは何も出来なくて、人に甘えたくて、人の影に隠れたがる人間だ。
明るくて素直で人当たりがよい今の自分は自分が後天的に作った自分だ。
本当の自分はもっと曲がった、ある意味マニアックな人とは違うことに執着するような人間だ。
でも、それが何かを変えることが出来る力になるかもしれない。
でもその自分と向き合うことは恐い。
そしてそういう自分を周りに世の中に発信する事はこれこそひどく恐ろしい事だけど、
本当はそうしていかないといけないし、本当の自分はそれを望んでいるのかもしれない。

そういったことを、良くも悪くも意識させる人物がひとりだけいる。

私はその人のことが大好きだし、尊敬もしている。
だけど、その人を通して、自分の姿をあからさまに見てしまう。

先天的な自分を見ること、自分を知ること。
それが幸せになる近道。
posted by モグラン at 20:47| Comment(5) | TrackBack(0) | 自分のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

ハートをつなごう

昨日見たテレビのこと。

NHKでやっていた「ハートをつなごう。」
LGBTの人たちのことをやっていて、石川さんが出演しているので、

おおっ。これは見なければ・・・
と思って、珍しくテレビの前に座るモグラン。
(だって、ふつ〜、あんまりテレビって見ないんだもん。だから芸能人とか全然わかんない(笑))


レズビアンの人のことがやっていて、
ひとりの人は、中学生の頃から自分は皆と何か違うぞっ?って思ってたんだって。
でね、「女の子しか好きにならないの。」ということを親に話してもわかってもらえず、
段々自分を否定するようになったの。
で、リストカットしたりして、そのうちもう死んでしまいたいって思ったんだって。

それで、高校生の時、その子には一番の親友がいて、その子に話してみようって・・・
もし、彼女に否定されたら死んでしまおうって。
でも、そのお友だちは彼女のことを肯定して受け入れてくれたのね。
少しずつ自分を受け入れて、前向きに生きていけるように彼女はなったんだけど。

リストカット・・自分を傷つけてしまう、自分で自分を否定する。
いちばん辛くて悲しいことだよね。


モグランも見ていて胸が痛くなりました。
どれだけ周りの人がわかってあげられるかだよね。
ひとりでもわかってあげられたら、人って救われるんだもんね。



もうひとつはレズビアンのカップルの生活。
そのひとたちは、周りの生活に馴染もうと、近所の人に挨拶したり、地域の活動に参加したりしてるんだよ。
人に対して働きかける・・・って、ホント大変だと思うし、勇気がいることだよね。
私にはそういう生き方は出来ないかも?
人を信用しないと出来ないことだし、自分を確立して、自分を信じてあげないと出来ないことだと思うから。
彼女たちはえらいな〜って、ホント単純に思っちゃいました。&周りにそういう人たちがいたら応援したいよね。



くまおもやってきて、ふたりでテレビを見る。


モ 「あ〜。この人だよ〜。」

く 「何が〜?」

モ 「年賀状もらった人〜。」

く 「ふ〜ん。」


モグラン石川さんが見れて興奮。


く 「で、彼はゲイなの?」

モ 「そうだよ〜。」

く 「あの人は?こっちは?」

モ 「たぶん、石田衣良さん(作家・ゲスト)以外はみんなゲイだよ〜。」

く 「いつからゲイなの?」

モ 「生まれつきだよ。」



ゲイって途中から自分の意思でなるもんだと思っているくまお。


モ 「だから、いろいろ悩むんだよ〜。」

く 「ふ〜ん。」


く 「何で皆スカートはいて、化粧してないの〜?(男性陣を見て。)」


モ 「だから〜、それはね〜・・・・(^^ゞ」


またまた最初から説明。(何回目だよ!LGBTの人たちの説明するのっ!)




こういうテレビを主人と見て、あれこれと語り合える。
すごいな〜。くまおもだいぶ頭が丸くなったぞよ。
くまおもちょっとでも問題意識を持ってくれたなら、それはそれで嬉しいし。
が、ここまで来るのにちょっとしたバトルもあったのも事実。
くまおがLGBTの人たちに差別意識を持っているわけではないのだが、

よくいろんなことわかんないし〜。
俺んちの奥さんって、どんな世界にいっちゃうの〜??
みたいな不安があったみたい。

でも、今はだいぶモグランに教育されておりますし、


・・・・・・


やっぱり大事な人には、大事に思ってることってわかって欲しいじゃないですか。
誰も泣かないで、誰も辛い思いをしないで、みんなひとつの輪になりたいよね。
モグランは、そう思っています。
posted by モグラン at 19:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

不器用な夫

日曜日、くまおとモーニングにでかけようとして、
くまおカーを車庫から出すと、釘か何かが刺さったらしくパンクしている。

あらまあ・・・・・


とりあえず、スペアに履き替え、モーニングに近所の喫茶店へでかける。


モ 「日曜日だから、車屋さん休みだし、とりあえず今日はでかけるなら私の車にして、車庫に車置いておきなよ。」


コーヒーを飲みながら、くまお・・・


く 「タイヤ買いに行く・・・」

モ 「えっ?」

く 「だって、落ち着かないんだもん。」


明日でもいいのに・・・と思ったが、言い出すと聞かないくまお。

・・・・・


くまおカーに乗り込んで、家から一時間の町を目指す。


オー○バックスに行くが、くまおカーのタイヤと同じものがない。

イエロー○ットもなし、ええ〜い、ジェーム○まで行くか〜と、
そこからさらに車で30分のカーショップを目指す。


・・・・・



が、ここもなし・・・



タイヤを求めて三千里〜♪




モ 「何でないの?」

く 「・・・・・・」

高級志向のくまお。
タイヤも普通のつけときゃいいのに、あまり出回っていないいいもんつけるものだから・・・

どこにも在庫がない。

あほやん。

しゃ〜ないので、月曜日にいつもの車屋さんにタイヤを発注してもらうことにして、
お昼も過ぎたので、お昼ご飯を食べに店に入る。


食べ終えると、
せっかく来たので、温泉にでも行きますか〜♪
と、上之保温泉を目指す。


さらに走ること40分。
モグランが居眠りしているうちに、道を間違えてるくまお。
しゃ〜ないので又戻って、走る、走る。



ロング、ロ〜ングドライブ♪


くまおカーは軽自動車のミニバン。
後ろが広くてバスみたい。
前の座席は狭いので、後ろに乗り込み、ゆらゆら揺られて温泉を目指す。

揺れるミニバンの後ろに、乗客と運転手のように前後に分かれて乗り込む。
ポツリ、ポツリと2人でしゃべりながらの道行きが、またバスの旅のようで・・・
途中からぽつぽつと降り出した雨が、またなんと旅情をかきたてることよ。


いつもはモグランのコンパクトカーでお出かけなのだが、
たまにはこんなバスみたいなミニバンのドライブもいい。


くまおは不器用で、頑固で、
こうと言ったら聞かない。
タイヤの一件だって、
今日は我慢して、明日いつもの車屋さんに頼めばそれで済むのに、
休日の大半を費やして、タイヤを探してうろうろして・・・
結局、タイヤもなくて・・


言い出したら聞かないから、
無駄だとわかっていてもタイヤ探しのドライブに黙ってつきあうモグラン。

だけど、
連れまわして悪かったと思い、
温泉に連れて行こうとするくまおが、何だかいじらしく、
まあ、不器用だけど・・・しゃ〜ないか・・


その不器用さがまた良い時もあるしな・・・
と、
大きな巨体を屈めるようにしてハンドルを持つくまおの背中を見ながら、
思うモグランなのでありました。
posted by モグラン at 18:28| Comment(11) | TrackBack(0) | くまおとの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

ストレンジ・カフェ

印象的な(impressive)? 魅力的な(attractive)?
不思議な(strange)?
それとも奇妙な(funny)??

モグランお勧め(?)のカフェの話をします。




先日、フラのレッスンの帰り、とあるカフェにランチに入りました。

その日のランチメニュー。


卵料理+サラダ+飲み物に、

ご飯かパン、味噌汁かスープ


そして、メインは2種類から選ぶべし。

1・えびクリーム

2・ミニハンバーグ

問題はこのメイン料理!
どうも、スパゲティの上に乗っかってるのが選べれるらしいが・・・・


えび大好き星人のモグランは、速攻!えびクリームで決定!

おねいさんに聞くと、

「えびとトマトを炒めてクリームであえたもの」・・・とのこと。


いや〜(*^_^*)えびですかぁ・・

と、喜び待つこと・・・10分。



おねいさん「おまたせしました。」

このおねいさんが、めちゃめちゃ愛想がいい。
モグランの顔を凝視して、にっこり。

「ごゆっくりどうぞ〜♪」


いや、どうもどうも。
さて箸をつけようとして、


ん??



どこにえびが・・・??




お皿の上には、キャベツメインのサラダがどっさり。
今日の卵料理は、温泉卵らしい。

そして、スパゲティの上を見ると、


・・卵・・・。


どうみても、スクランブルエッグ・・・。


微妙〜にトマトのかけらがちらほら。


えびどこ?

ひっくり返しても、卵とトマトのかけらのみ・・・


えびがないっ!!!


どこが、えびクリームだッ!


しかも、味はケチャップ味?

どのへんが、クリームなの??

しかも、えびがない。



ああ、

ああああ。



ああああああ〜、えびがないっっっ!!!(怒)





同じくえびクリームを頼んだ、ワスのはし向いのカップル客のおねいさんも、

(あ、あああっ。えびが入っていないっ!)
と、心の中で葛藤しているに違いないっ!

おねいさんのほうをチラッと見る。

おねいさんは、黙々とえびなしのえびクリームを食べている。

おねいさんは、えびなしについてどう思っているのだろう。


う〜む。




えびなしの、えびクリームを食べ終え、モグラン思案する。



(そういえば・・・)



その半月前にくまおと訪れた時のこと。

小腹が減ったふたりは、コーヒーと共にサンドイッチを頼んだ。
サンドイッチセットのサンドは2種類選べて、確かあの時も。。。。。

ロースハムを頼んだのに、ハムの味がしなかった・・・・
チーズなんちゃらを頼んだのに、チーズの味があまりしなかった。

いったい何が入っていたのだろう?


あとで、くまおに聞いたら、
「あのロースハムサンドね〜、ハムの味より挟んであったポテトサラダの味ばっかりしたんだよね。」
とのこと。



う〜ん、不思議なカフェである。

(まあ、安いし(ランチ680円)おねいさんが愛想いいし〜、まあ、いいか・・・)


と、おとなしく店を後にするモグランであった。





そして、第二弾!!

モグランがひとりこっそり行くお気に入りのカフェの話。
ここは、くまおや友人とも行くのですが、
どっちかってぇと、ひとりでこっそり行くのが好き!


それは何故か?


うふふ・・・モグランの嗜好を知り尽くしたあなた!
あなたならわかるでしょ〜。


そう、そこは・・・

イケメンカフェ!



お店の名前は、シュバルツなんちゃらというドイツ風の名前で、
(店の名前を覚えるのが苦手なモグランである。)
一歩店内に入ると、重厚な中世ヨーロッパ風の調度品が目に入る。
じゅうたん張りで〜、
甲冑つけた中世騎士のレプリカがお出迎え〜。


どっしりとして落ち着きのある空間で、頂くコーヒー。
しかも専門店。

う、う、うまい。

・・・・

・・・・・


でもって、何がいいってあなた〜。

お店のスタッフはみな男子!
しかもイケメン。
白いシャツにネクタイ、黒のスラックスに、
くるぶしまである黒のギャルソンエプロンをつけたイケメンおにいさんが、



「いらっしゃいませ〜。こんにちは。」
と、満えんの笑みで迎えてくれるそこは、まるでパラダイス。ウフ。



店の客層は年齢は高め。
比率としてはおじさまが多い。
ぴちぴちギャルや、若造カップル、子供などは皆無である。
いや〜落ち着いた大人のカフェなのだよん。



モグランは特に、ふたりいるホールのおにいさんの長髪のおにいさんがお気に入り。


コーヒーを飲みつつ、ホールで働くおにいさんを横目で鑑賞。
わはは。(まるっきりおやじやん。)


長髪おにいさんとペアの丸坊主のお兄さんが、
「ありがとうございますぅぅ〜。」
と、ちょっぴりおねえ言葉で、しかもレジ打ちの時、小指がぴんっと立っているのが、
またなんとも印象的な・・・・。




このカフェは20年以上前からあって、友だちと時々訪れました。
やっぱその時は大人のカフェなのね〜と、
若造モグランはちょっぴり背伸びなのなのねん、という感じでしたが、
今はばっちり、店の雰囲気にもぴったりマッチの
大人のエレガントモグランに成長したのね〜ん。
posted by モグラン at 17:03| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

メインテーマ

ちょっと前の事なんですけど、
このブログに来て頂いて、お知り合いになったブランデルブルグさんから荷物が届きました。

DSCN2971.JPG


海外在住の彼は、ライターさん。
書くことが好きなモグランの、憧れの職業ベスト5に入るライターさんである彼は、
モグランにとって雲の上の憧れの人。
書かれた記事を読みたいですぅぅぅ〜≠ニおねだりしたところ、
彼の記事の載った雑誌のバックナンバーを送ってくださいました。

メールの返事もすぐに書いて頂けるし、この荷物も速攻で送って下さり、
てきぱきと事に当たるところや、物事、人に対して誠実に接するところなど、
プロとしてやっていける人って、こういう人なんだな〜と感心するばかりです。


海外のライターさんって、執筆だけじゃなく、取材からコーディネートまですべてをやられるそうで、
いろんな事に対応できる機敏さや、柔軟性も必要なんでしょうね〜。


「表現できる。」
どんな形にせよ、「表現できる」って、大きな喜びです。
人によっては、書くことであったり、歌うことであったり、踊ることであったり、
仕事で実績をあげることであったり、いろいろですが、
自分を(自分の作ったものを)表現できるということは、
自分のアイデンティを認めてもらえることに近いのかな〜と思う時、
人生においてすごく充実感を覚えるものであり、それって、生きているという実感を得ることが出来るんじゃないかな。

しかもそのことが、世の中や人の為になることに繋がったら、とても素敵なこと。
人が喜ぶのを見るって嬉しいですよね。
人を喜ばせるってことは、人間にとって最高の喜びだと思います。

どうしたら喜んでもらえるのか、役に立つのかっていうのは、
いろんなパターンがあるから難しいけれど、それでも思いやりや愛を持ってすることなら、
だいたいOKもらえるんじゃないかな?
だと、いいね。



プロの仕事に対する姿勢って、その仕事で利を得ることのみに執心していないんですよね。
もちろん人間は食べていかないといけないので、お金を得ることは不可欠だけど、
己の利だけを考えて仕事をしない、そのことが人や世の中に役に立てばと、奮闘する姿勢が
プロとして仕事にあたるっていうことなんだよね〜と、彼と話ししていて、そう思います。

記事のコーディネートも、書かれている文章も、洗練されていて素敵だし、
読んでいる人を引きずりこむような記事が書けるのが、ホントプロなんだよね。

手書きのカードも届きました。
手書きの物って、何より嬉しい。
筆跡には、誰一人として同じものはない、その人自身のオリジナルだし、
書いている時は、宛てた人のことを考えているってことでしょ。
とても素敵です。


ブランデルブルグさん、ありがとうございます。
これからもご活躍、期待してますね〜。



人にとって、
仕事って、その人生に通ずる大きなメインテーマだよね。
それによって、納得のいく充実した生き方が出来るっていう部分は大きい。
自分にとって、仕事って何だろう?なんて、
考えてみるモグランなのでした。
posted by モグラン at 10:19| Comment(9) | TrackBack(0) | 思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

くまおバースディ!

6日はくまおのお誕生日。

どこかご飯でも食べに行く?と聞いたら、
おうちで自分の好きなものを用意して欲しいとのこと。

フムフム・・・・


まず、

のり弁

DSCN2889.JPG

*食べた後にて、包みだけの画像でごぶれいいたしますm(__)m


のり弁?と思われましょうが、実はこの、のり弁はくまおちゃんの青春を彩るアイテムのひとつなんですね〜。


マッサージの修行で、都会にひとり奮闘していた若かりし日のくまお。
学校と、修行先の治療院で一日頑張った後、ひとり、ほか弁に立ち寄る。
その時、よく買っていたのがこの、のり弁。


しかも、デラックスじゃなく、ふつ〜の、魚フライもしくは、ちく天がのっかって、海苔と鰹節がたっぷりかかったご飯。
そんでもって、脇にひっそりと、きんぴらごぼう・・・・

これが、くまおの青春の味なんだな〜。



そして、焼きうどん。
しかもピーマンが入っているのがいいっ!
くまおの必須アイテムのひとつ。

DSCN2887.JPG


にんじんとツナとゆで卵のサラダ。

DSCN2888.JPG


塩もみしたにんじんに、ツナとゆで卵をくわえ、味ポンとマヨネーズであえた一品。
これも、くまおの好物のひとつ。



・・・・・


そして、何てたってケーキだもんね〜。
(これは、ただ単にモグランが食べたいだけなのである(汗))


DSCN2891.JPG



くまおがいつも元気でいてくれるのがいちばんです。
くまおが楽しそうに、嬉しそうにしているのを見るのが、喜びです。

一緒に仲良く、年をとろうね〜。



くまおに誕生日の抱負を聞いてみました。

「・・・え〜と、45才になりました。人生の半分をやっと過ぎ・・・・」


半分??


おまはん、半分ってことは90歳まで生きるつもりなんかい?


と、思わず突っ込んでしまった妻なのでした。

(でも、くまおはきっとモグランより長生きすると思うで〜。)
posted by モグラン at 18:57| Comment(10) | TrackBack(0) | くまおとの生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

大我さんからの答え

みなさ〜ん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
みなさんにとって、実り多い良い年になりますように!

今年は思いも寄らぬ方からの賀状が何通か来て、
ひととのつながりの大事さを実感した年始めになりました。
その中でも、最高に嬉しいものがありまして・・・・


新年早々、とても嬉しいことがありました。
本当に思いも寄らぬ方からの年賀状が届きました。
その方のお名前は、石川大我さん。

昨年の1月、大我さんの本「僕の彼氏はどこにいる?」を読みました。
図書館で偶然に出会い、そのタイトルと表紙とお名前を見て、
すごい!実名で顔も公表して、自分の事をこんなに赤裸々に語ってるなんて、
なんてすごい人なんだと思いました。
半日であっという間に読み終えて、その日の内に本を読んだ感想を書き綴ってポストに入れました。
その本の感想を言葉にすると、ひどくありきたりな表現になって、
自分の思いとはちぐはぐになりそうなので、あえて書きませんが、
すごく心を打たれた何かがありました。


大我さんに「孤独」と「誇り」を感じました。



その後、東京へ所用があって出掛けることがあって、
その時間の合間を縫って大我さんに会いに行きました。
これは会うことは出来ませんでしたが、
会いに出かけたこと、その場に行けたことが嬉しくて、又手紙を書きました。

それから1年経って、まさかこんな形で返事が来るとは思いもしませんでした。

私は大我さんにYES≠ニ言って欲しかったんです。
ゲイの人、セクシャルマイノリティの人を応援したい、仲良くしたいと思ったことに対してです。
今から思うと、あの頃は「応援したい」とゆう、言い変えればみんなとどこかで線を引いていた、
上から見ていたような気がします。
もしかしたら失礼な事を書いたのではないかと、今思うと顔から火が出る思いですが、
だけど、私は大我さんを始め、彼らからいっぱい大事なものをもらっている、
いっぱい知らなかったこと、知らなければならないことを教えてもらっている。
支援しているのは私じゃない。
私はみんなから与えられている、頂いている。
感謝でいっぱいです。

そして、大我さんに仲間だ≠ニ言って欲しかった。
垣根隔てなく、思いを同じくするもの同士、一緒なんだよって。
他の誰でもなくあの方に言って欲しかったんです。


1年経って、手紙を出した事をよく覚えていて、賀状を下さったものだと、感心しました。

宛名も手書きで、自筆のメッセージがありました。
それには私が欲しかった答えがありました。

一緒に
そのメッセージには一緒に≠ニいう言葉がありました。
なんていい言葉なんだろう。
一緒に

大我さんにYES≠ニ言ってもらえた。


夢を持つ人がいて、その夢を支援する。
そして、自分も夢を持っている。
いつか同じステージに立てたら、どんなにいいでしょう。
夢は人を大きくします。
人に、豊かな生きる礎を与えてくれます。

夢って叶うんだ。
思い続けて歩いていたら。
回り道をして、角にぶつかって
それでも思いを捨てなければ
きっと夢って叶うんだ。


自筆のメッセージ、大我さんの筆跡を何度も何度も読み返した。
手書きの言葉には体温≠ェある。
手書きだから感激もひとしお。
彼の筆跡に、体温を感じて、胸が暖かくなった元旦でした。
posted by モグラン at 22:51| Comment(5) | TrackBack(0) | 思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。