2009年02月15日

マンマ・ミーア!

「マンマ・ミーア!」を観ました。

331238view005.jpg


観客の大半は女性っぽい。

だって、今日はレディスデー。
1000円で観られるんだもんね〜。

女性が多いはずだ。


とにかく楽しい。
観ててハッピー!
一緒に歌って踊りたくなる最高に楽しい映画でした。

ギリシャの島の明るく、美しい自然もとても綺麗!

331238view008.jpg



アバのナンバーで何曲かは知っていたけど、知らない歌もあり。
でも、どの曲もいい。
私の世代より少し上のおにいさん、おねえさんには馴染みのある曲ばかりで
歌だけでも楽しめるよね。


中でもメリル・ストリープが、ブロスナン演じる昔の恋人に宛てて歌うシーン。

勝った者がすべてを奪い去り、敗者である私は何も言うことは出来ない。

・・・

夕日に照らされた海をバックに歌うメリル・ストリープ。
ああ、いちばんの彼女の見せ場だな〜と思い観ました。

歌がセンチメンタルで、とってもいい。



「Winner Takes It All, The」



お勧め!☆五つです。
posted by モグラン at 09:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

崖の上のポニョ

ちょっと前の話ですが、
「崖の上のポニョ」観てきました。

jacket.jpg



くまおが
「これ観る〜。」
と珍しくエキサイトしてたので、公開2日目にして早速。

で、

・・・・

宮崎駿アニメ好きなんですよ〜。
というか、アニメおたくなんですぅ。(基本的に)
(こないだも夫婦して、スカパーで『セイント星矢』見てました(^_^;))

宮崎駿アニメのヒロインが好きなんです。
健気で、芯が強くて、清楚で。
『未来少年コナン』のラナや、『ルパン3世・カリオストロの城』のクラリスとか。


駿アニメベスト3

1・天空の城ラピュタ

2・もののけ姫

3・魔女の宅急便


・・・

で、

・・・


「ポニョ」は?


ソウスケ会いたさに津波まで起こしちゃうはちゃめちゃな5歳の魚の女の子。
健気で、一途で可愛い〜んだけど、
・・・・

わがまま・・・



original.jpg



くまお「誰かさんと、一緒・・・・・」

モグラン「・・・・・」



サンドイッチのハムを残した私に、

くまお「ハムを食べんとポニョになれんよ。」

モグラン「・・・・(ならんわいっ。)」


エンディングで、

♪ポ〜ニョ、ポニョ、ポニョ。魚の子〜♪



と歌が流れ出したときには、


(これって子供向け?)

周りは夏休みの親子連ればかり。
たぶん大人ふたりで観ていたのって、うちんらぐらい???

くまおは、
「いや〜。これは親子の絆を描いた作品で、決して子供向けではないぞよ。」
と、トキばあさんがソウスケをキャッチして海に飲み込まれるシーンのことを
熱心に語っておりました。



誰か「ポニョ」観られました?
観た人、感想教えてくださいよ〜。
posted by モグラン at 14:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

初ステージ!

やった〜。モグラン初舞台っ!

8/9(土)とある老人ホームへ慰問に行って来ました。

同じクラスのTさんがもうひとつやっているベテランクラスの方との合同ステージです。
曲目は10曲ほどの中の、2曲を私たちのクラス6人でやらせてもらいます。

午前中のレッスンを終え、おにぎりを頬張り、慌ててステージとなる老人ホームへ移動。
ベテランクラスの先輩方に挨拶をしてお着替え。



これはこないだみんなで作った衣装ですよん。


こっそり様子を伺うと、おじいちゃんおばあちゃんたちはもう座って準備OK!




先輩方の演技が続く。



手先の表情までびしっ!と決まってます!



衣装がハワイア〜ン。。。


私たちの出番。

曲目は「ヒイラヴェ」


おじいちゃんがノリノリで飛び入りです。



・・・実はこのおじいちゃんが私たちの出番にも登場してくれて、
おじいちゃんのおかげで緊張せず、リラックスして踊れたんですよ〜。
おじいちゃん、ありがとう!!


2曲目の「キカウ」
これも大成功!
終わった後、
あるおばあちゃんが、「良かったよ!」と声をかけてくれました。

うれしいですね〜(*^_^*)


間違えずにリラックスして踊れたし、衣装も評判良かったし
初舞台としては上々。
この白のブラウスもお揃いで、TさんとNさんがみんなの分まで
作ってくれたんですよっ!
赤のスカートはお揃いで頼んでいたものが、当日グッドタイミングで届いて、急遽このセットで踊ることに・・・・

レイは先輩クラスの方に借りました。
おかげで、華やかに・・・

もっとも、
「衣装30%・笑顔30%・演技・・??%」
ですけど・・・(^^ゞ
posted by モグラン at 17:19| Comment(5) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

限界を知る

このあいだ登った銚子ヶ峰について。
この山は、2000m近くあり、どうもリーダーのTさんいわく
「Bランク・・・いやあ、Aだな、Aランク。」
つまり、上級者向けつぅ〜こと。

ひやぁ。ワス気の迷いで行っちまっただよ。
前日、Tさんにお伺いコール。
「私でも行けますかねえ?」
Tさん
「はは〜。大丈夫。途中の避難小屋でリタイアしてもいいし。
 いきなはれ、いきなはれ。」
「モグランちゃん、花を添えてくださいよ〜。」
の一言で気を良くしたモグラン。

・・・・・



が、甘かった(汗)

みんなから銚子はえらいよ〜。きついよ〜。暑いよ〜。
と聞かされてはいたが、確かにきつい。
いきなり石段400段?(ホント??)の登りきると、
樹齢1800年の石徹白の大杉がドバーン!と迎えてくださる。

さて、ここから例の避難小屋まで約2時間。
途中、途中休憩を取ってはいるものの、暑いし、虫が寄ってくるし。
もうはひはひ・・・。
凍らせてもっていったアクエリアスがおいしぃ〜(*^_^*)

でも、木々が日差しを遮ってくれるので、思ったより涼しい。

途中、途中、急登が続き、尾根に出て一息。
の繰り返しで2時間。


避難小屋でまた休憩。


さて、Tさんが、
「モグランちゃんどうする〜?ここで待ってる?」
はひはひのワスを見て休憩していてもいいよ、と言ってくれるTさん。


「あと、1時間が1時間半ほど。」

地図を見るとかなりの距離を来ている。
う〜ん。ここで止めるのはもったいない。
頂上を目指して歩いているほかの登山者の姿がはるかかなたに
蟻のように見える。

「よっしゃ。行ってみるべよ〜。」

思いのほか、この後の1時間は楽だった。
途中、笑顔の爽やかなお兄さんが、
「もう少しで頂上ですから頑張ってくださいね。」
と声をかけてくれる。


よっしゃああぁぁ!

がぜん張り切るイケメンお兄さんに弱いモグラン(*^_^*)


くまおがデジカメを持って出かけてしまったので、写真をアップできないのがとっても残念(涙)なのですが、頂上はそれはそれは素晴らしい展望でした。
御岳から白山から、名前忘れたけどあれこれいろんな山々が360℃パノラマだよ〜ん。

コースタイム(標準タイム)3時間のところを、私たちは3時間で登りきった。

すごい!じぶんを褒めてあげたいのねん。

頂上ではお弁当を食べ、記念撮影をし、ついで昼寝までしちゃったもんね〜。



が、

・・・・・・


問題はここから


・・・


下りの途中からどうも頭が痛い。



・・・・


やばいかも・・・?


・・・・

足も重い・・・


何とか下りきって、下の駐車場で水を被り、体を冷やす。

ひょっとして熱中症???


車に乗り込み、近くの温泉へ。
どうも、この下りのぐるぐるカーブがまたよくなかったみたい。


(うえ〜。気持ち悪〜い(汗))

(@_@。


吐きそう?

(@_@。


・・・
もうだめだ。
温泉に着いた途端、くまおに緊急コール。
「迎えに来て〜。」


みんなが温泉に入っている間、シャワーで軽く汗を流して、くまおが来るのを待つ。

が、その間にも・・

(気持ち悪〜い。頭痛〜い。うげ〜っ(@_@。)


30分後・・・
くまお到着。

くまお「すみませ〜ん。ご迷惑かけて。」
心配する皆にあいさつもそこそこにくまおの迎えの車に乗り込み、速攻で家に帰る。

クーラーの効いた部屋で、眠ったらだいぶ調子がよくなった。
が、この日の夕ご飯はくまおが買い物に行って、ゴーヤチャンプルーを作ってくれました。

くまお!ありがとう(*^_^*)



・・・・

翌日。

お見舞いメールとお見舞い電話殺到!
みなさん、すみません。ご迷惑かけて。m(__)m

「大丈夫ですか?これに懲りずまた山行こうね〜!」
とか、

「いやぁ、モグランちゃんにしたら3時間の登り、がんばったよ。」

とか。

ありがたい。嬉しい限りです。


限界に挑戦モグラン。
えらかったけど、自分の限界をまた超えたもんね〜。
それって自信につながるもんね〜。
ちょっと熱中症みたいになっちゃったけど、今まで登れなかった標高差800mクリア。
登り3時間がんばれたもんね〜。

やった!!(*^_^*)




・・・・
が、

・・・

当分はくまおから山禁止令が・・・・・・


そりゃそうだよね。心配かけたもんね。
ちょっとの間はおとなしくしてよっと。


(が、秋には八ヶ岳へ一泊で行くつもりのモグランでした。)
posted by モグラン at 18:06| Comment(7) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

乗鞍登山

おほほ〜っ(*^_^*)
今日は3000m級登山。
乗鞍岳へいってまいりました!
やっと、お天気に恵まれ降水確率20%。
山の会のメンバー、総勢11人。
出発です。


が、畳平まで行くと、
怪しい霧が・・・・

DSCN2534.JPG

おお、さ、さ、寒い!

なんじゃ〜。この突風はぁぁ!!

あまりの寒さに、かっぱ上下装着。

まんずまんず気を取り直して頂上の剣が峰を目指す。

畳平駐車場から、30分ほどで肩ノ小屋へ到着。

さて、ここから剣ヶ峰までは1時間。

DSCN2467.JPG


曇ってます。
視界ゼロです・・・(@_@。

DSCN2468.JPG

雪ですよ!雪。
一昨年来た時はこんなに雪残ってなかったのに・・・

DSCN2469.JPG

途中の蚕玉岳??というところで、突風に遭遇。
靄はひどいは、風はすごいわ。
みんな帽子が飛ばされそうだし、風で耳が痛くなってしまって、
どうしたかというと、

これ




DSCN2473.JPG

帽子の上からタオルを巻き、ほっかむり状態。
・・・女を捨ててます。(^^ゞ
私の手袋は飛ぶは、Wさんの帽子は脱げそうだわ・・・
もう、タイへン!!

八甲田山・・・状態です。続きを読む
posted by モグラン at 09:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月03日

ひとりの時間

最近、ひとりで行動することがおっくうになっている?
はたっとそう思った。
結婚してからはなおさら、ひとり行動がおっくうだ。
以前の私って結構「おひとりさま」が好きで、旅行も京都や諏訪へひとりで行った。
山もみんなと一度登って、登山道がわかっているところなら単独でも入る。
(さすがにひとりで山へ登るタイプに見えないらしく、行く筋、行く筋で、登山客に
大丈夫?ひとりなの?一緒に登ろうか?なんて心配されてしまう始末(^^ゞ)
映画も観るし、ショッピングもひとりの方が気楽。
食事やお茶もOK。さすがに、回転寿司やラーメン屋はひとりではいけない。
が、長年独身の友人の談だが、最近はラーメン屋もひとりで入れるそうだ。
またまたずっと独身を通している幼馴染も、ひとりでエジプトやフランスなんかに行ってしまうツワモノだ。


さて、行きたいところややりたいことがあっても、
ひとりだと・・おっくう。
くまおが一緒じゃないと・・・なんて思ってしまう。(夫依存症か(T_T))




先週の日曜日。
よ〜し!今日はいい天気だし、山へ行くぞぉぉ。
が、くまおは風邪気味で家にいるという。
でも、今日は行っちゃうもんね。
夫依存症にならないように・・・・

市内の「東殿山」に登る。

DSCN2372.JPG



何年か前に一回みんなで登ったことがある。
ので、登山道は全然OK(*^_^*)


緑の道.JPG



順調に道を進める。

「乙姫滝」を越す。

乙姫滝.JPG

緑の中をどんどん歩いていく。
おおっ。森林浴。緑がまぶしい、清清しいのねえん。



水のみ場がありました。
沢蟹くんも泳いでます。


水のみ場.JPG

沢蟹.JPG

20分経過・・・・



森.JPG


・・・30分経過・・・・





45分・・・・(^^ゞ









おや?







頂上は?


前来た時は、45分で頂上だったのに〜。





あれ?

道間違えちゃった?





どうも、「縄文洞」という所へ抜ける道をどんどん歩いて行っちゃたみたいでした。(泣)


気を取り直して・・・
道を戻る。


DSCN2364.JPG



おおっ!


下まで歩いてきてわかったのですが、以前の頂上へ抜ける道が通行止めに。それに気づかず違う方向へ行ってしまったみたい(汗)
「上方30mに新道があり」と書かれていたのですが、それがどこかわからず、今日はあきらめることに。


DSCN2376.JPG


こんな滝つぼの側でお昼ご飯を食べました。


DSCN2375.JPG



・・・・・
高所恐怖症の人には

どうなんでしょう?



作ったおにぎりと、途中コンビニで買ったパンとソーセージ。

             ↓

DSCN2373.JPG


DSCN2377.JPG


トンボと、ちょうちょと一緒にご飯を食べました。


帰途で。これに見えるは「何山?」
    
      ↓

何山?.JPG

誰もいない空間にひとり。
贅沢な時間。
たまにはひとりもいい。
ひとりになって、開放されることもある。
ひとりの時間も、みんなと一緒の時間も楽しめる人間だったら素敵だな。


DSCN2384.JPG



でも、このあと・・



・・・・


くまおと映画「ナルニア国」観に行きました。
ちょっと帰りの車の中では、爆睡でした。(^^ゞ





posted by モグラン at 19:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

プリンスカスピアンと素敵なおじさまたち

10年前、母親の通夜の晩。
弔問客も帰った真夜中。
遺体が安置された葬儀場のホールの真ん中で、弟とふたりこんな話をした。

「○○(弟の名前)おまえがんだったら告知して欲しい?」
「おねえは?」
母親はがんで亡くなった。
末期の末期で、告知せず本人には隠したまま最後を迎えた。

「私?絶対教えてよ!」
残りの時間を知りたい。
「やらないかんことや、やりたいことをやりたいで。」
「俺もや。」
「そんなら私も教えるで、あんたも絶対教えてよ。」
「よっしゃ、わかった。」
真夜中の葬儀場。
物音ひとつしないホールの真ん中で、母親の遺体の守りをしながら、
ふたりで固く約束を交わした。


・・・10年後・・・

みん姐さんおすすめの

「最高の人生の見つけ方」

観て来ました!

☆五つ!

1800円の価値ありですぞお。続きを読む
posted by モグラン at 21:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

102歳のロビンソン・クルーソー

なんくるないさ〜(^^♪

「102歳のロビンソンクルーソー」

マキノ出版。
渡久地政龍さん著。御年102歳。

51JK2Z36PJL__SS500_.jpg

沖縄本島北部。本部町。
おじいちゃんは朝6時には起床し、ラジオ体操。
日中は畑仕事に精を出し、夕暮れには得意の三味を鳴らし、食事は自炊。
ごはんに、野菜たっぷりの味噌汁、野菜や豚の三枚肉を入れたチャンプルー。

「自分で作った野菜はうまいさー。」

食事には自分で作った野菜を使います。
ほとんど自給自足の生活。
料理は奥さんが亡くなった90歳過ぎてから始めました。

オジィ(本文では政龍さんのことをこう呼ぶ。)は、
102歳とはとても思えぬ、しゃきっとしたおしゃれなおじいちゃんで、どことなくスキッとした品格さえ漂う。
今までの生きざまが人を作り上げるのだと、実感する。
続きを読む
posted by モグラン at 11:45| Comment(5) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

フラ効果

先週の金曜日。
花金ですね〜(この言い方ってもう古いのかも?(^^ゞ)
久しぶりに飲み会だっ!

うおしゃぁあっ!

と気合を入れて自転車で5分の店へ・・・

うちのすぐそばにあるこのお店。
朝は野良仕事帰りのおじちゃんたちがモーニングを食べ、昼はランチ、
夜は若い女子、男子であふれるヒップホップ???なお店。
(いったい何屋さん??(@_@))
ライブとかもやってるらしい・・・

今日の飲み会は8人。
近所の奥様連中で月いち集まる会。
いつもは公民館でお茶とお菓子、会費300円でつつましくやってますが、
たまにこうやって外で食事をします。

メニューは・・
サーモンのホイル焼き、鳥のから揚げ、シーザーサラダ、生春巻き、
チーズリゾット、白身魚のサルサソースなど・・・

おおっ!

2000円会費でこのメニュー。このボリューム。

ワイワイやってると、Mさんが
「あ、モグランちゃん、昨日夕方歩いてたでしょ。」
夕方ウォーキングをしているのを見られていたらしい。
「そうだけど・・・」
「なんかさあ、あれモグランちゃんかなあと思ったんだけど、
いやに後姿がスレンダーだったんで、まさかと思って・・・(-.-)」
まさかって何じゃい?

するとAさんが、
「やせたよね〜。」
と嬉しい一言黒ハート
「何かやってるの?ダイエット?」
「別に特別・・・フラやりだしたらやせたみたい。」
と言ったトタン、

「えっ〜。フラやってるの?」

どこで?どのくらい?月にどのくらいのペースで?
フラやると痩せるの??嘘〜。私もやりたい〜!
と、大騒ぎ。
みんな

「痩せる」

「しわがとれる」

「しみが消える」

この3フレーズには異様に

反応がするどい!!


でも、フラ始めて約1年。
本当に痩せたんです。
公共の電波に、私のボディーサイズを乗せるのもなんですが(^^ゞ
167cm 60キロ。が、

なんと!

55キロに減!
体脂肪が27から
24に減!

さらに、私は左の足首が故障してまして、山へ登ったりすると痛くなることがあるんですが、
それが改善されたんです。
足が痛くなることが前よりなくなりました。

いやあ〜。こんなにフラにすごい効果があるなんて知りませんでした。
中腰が基本姿勢で、腰周りの筋肉や下半身全体を使うのが良いのでしょうか?

話は戻って・・・
市内でも何人かが集まってサークルを作り、先生に来てもらってやっているところがあるんですよ。
うちんらもやりたいよね〜なんて、話が盛り上がったんですが、
いまのとこ絶対やる!というのが3人。
あとの5人は、

モグランちゃんのデモンストレーション見てから。&モグランちゃんに基礎を教えてもらってから。

えぇっ?

わすのデモンストレーション?基礎を教える???
お恥ずかしい・・・
でも、この地域でもフラ人口増やしたい。
みんなで一緒になって何かをやるって楽しいじゃないですか?

とりあえず、
こんどの定例は公民館でみんなジャージ持参集合になりました。
(モグラン指導によるフラ体験レッスンになってしまいました。)

どうしよう・・・。(−ω−;)

帰りは酔っ払ったモグラン。
隣の奥さんの軽トラックの荷台に自転車を乗せてもらって帰りました。
「自転車でも酔っ払い運転になるからダメ!ちっ(怒った顔)
と怒られちゃいました(ウフ)
posted by モグラン at 11:05| Comment(10) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

アメリカのサラリ感

境セイキさんの「ニューヨーク底辺物語」を読み終えた。
なかなかこんな体験って出来るものじゃないよね。
以前の記事で彼のことを少し書いたけど、
彼の目線っていうのが、何だか他の人と違う。
あったかい・・そして、人の本質を見られる人・・ていうのが第一印象。
本を読んで、こういう体験をしてきた人だからこそ
物事を見られる目線がなんだか違うんだろうなあ、と思いました。

彼がニューヨークでホームレスとして過ごした6年間のことが書いてあるんだけど、
彼が見たこと、思ったこと、行動したことを通して、
あまり知られていないホントのアメリカの横顔を見た。
そして、底辺で暮らすいろんな人の善と悪との部分。
人とのふれあい、交流。
日本とアメリカのホームレス事情の違い。
なかなか興味深い本です。
そして、どの文節からも、彼のいろんな人の人生を見つめている暖かい視線を感じることが出来ます。続きを読む
posted by モグラン at 15:06| Comment(3) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。